• 軟水工房 » 軟水器の種類 »  全自動軟水機
red1メインメニュー
red1

買い物カゴの中を見る
買い物カゴの中を見る


軟水工房
ソフトウェーブ 軟水工房
TEL 0721-63-3840
FAX 0721-63-9870


PayPal


  rapidssl_ssl_certificate
業務用軟水機 全自動タイプ 

業務用として大量の軟水を必要とする場所で使用できる軟水機で、再生は手間のかからない全自動タイプです。
塩をタンク内に入れておくだけで、設定した時間間隔で自動的に再生を行います。
設定の間隔は毎週同じ曜日や指定した日数か時間を指定できます。また、急にたくさんの軟水を使用した場合でも随時に再生を行うことが可能です。
再生剤は一般的な食塩が使用可能で、保守契約の必要もありませんので経済的にご使用できます。
一戸建ての家全体や美容院・理容院、温泉風呂、その他産業用水としてご利用いただけます。
イオン交換樹脂は大容量の30リットルです。

お求めはこちら

全自動軟水機
業務用軟水機 全自動軟水機30L
業務用軟水機 全自動軟水機30L
イオン交換樹脂量 30リットル
業務用軟水機 全自動タイプ コントロールユニット40タイプ
デジタルタイマー40タイプ
業務用軟水機 全自動タイプ コントロールユニット40Tタイプ
デジタルタイマー40Tタイプ new
 

 コントロールユニット(デジタルタイマー
40タイプ 40Tタイプ new
全自動軟水機 コントロールユニット40タイプ 全自動軟水機 コントロールユニット40Tタイプ
再生間隔
再生間隔は曜日ごとの週間タイプと、日数ごとの日数タイプを切替えることができます。

週間タイプ
週間タイプでは週の曜日ごとに再生日を設定できます。例えば水曜日というようにお店の定休日に合わせた設定が可能です。また、水曜日と金曜日というように複数の設定も可能です。

日数タイプ (1〜99日間)
再生頻度を日数間隔で設定します。例えば10日と設定すると10日間隔で再生を行います。最大99日間の間で設定できます。

再生サイクル
動作状態(分)
プログラム 逆洗 再生 逆洗 リンス 塩タンク給水
P0 3 50 3 3 1〜99
P1 8 50 8 4 1〜99
P2 8 70 10 6 1〜99
P3 12 70 12 8 1〜99
P4 10 50 Skipped 8 1〜99
P5 4 50 Skipped 4 1〜99
 再生サイクルは「逆洗」→「再生」→「逆洗」→「リンス」→「塩タンク給水」の5工程をプログラムにより自動的に行います。
 再生サイクルのプログラムは5種類用意されており、「P1」が初期設定です。塩タンク給水時間は1分〜99分の間で任意に設定可能です。
どの再生プログラムでも、再生を行う時間は、昼や夜中いつでも任意の時間に設定できます。また、即座に再生を行うことも可能です。
再生時間は標準で約90分です。

電源
電源は100VACアダプターで、60Hz専用です。
停電の場合、設定項目は不揮発性メモリーにバックアップされますので、現在時刻を再セットするだけですぐ復帰できます。

再生間隔
再生間隔は日数ごとの日数タイプと時間ごとの時間タイプを切替えることができます。

日数タイプ (1〜99日間)
再生頻度を日数間隔で設定します。例えば10日と設定すると10日間隔で再生を行います。最大99日間の間で設定できます。

時間タイプ (1〜99時間)
再生頻度を時間間隔で設定します。例えば10時間と設定すると10時間間隔で再生を行います。最大99時間の間で設定できます。

再生サイクル
動作状態(分)
逆洗 再生及びスローリンス 塩タンク給水 ファーストリンス
初期設定 10 45 17 12
 再生サイクルは「逆洗」→「再生及びスローリンス」→「塩タンク給水」→「ファーストリンス」の4工程を自動的に行います。
 全ての設定値は0分〜99分の間で任意に設定可能です。
再生を行う時間は、昼や夜中いつでも任意の時間に設定できます。また、即座に再生を行うことも可能です。
再生時間は標準で約84分です。

電源
電源は100VACアダプターで、50Hz/60Hz共通です。
停電の場合は時計機能も含めて設定項目は、3日間不揮発性メモリーにバックアップされますので、3日以内に復旧した場合は何もすることはありません。停電期間が3日以上になった時だけ、現在時刻を再セットしてください。

外部出力端子
COM,NO,NC端子を装備していますので、制御用の出力信号を利用して電磁弁や加圧ポンプ等を接続することが可能です。
再生時の水の使用について
通常、家庭用として使用した時の再生を行う時間帯は、水の使用しない夜間(概ねAM2:00)に設定します。
万一、この再生を行っている時に水を使用した場合は、コントローラーによって違います。
再生を行っている時に水を使用することは可能ですが、正常な軟水ではありません。
この時に水を使用した場合は、正常な再生は行なわれません。
再生時、出水口から水は出ませんが、サイクル切替時のバルブ動作時にほんの少しだけ水が出ます。
家庭用として使用する場合は全く問題ないですが、産業用として使用する場合でこれが不都合な場合は、外部出力信号を利用して電磁バルブを設置してください。

ランニングコストについて
毎月のランニングコストは「電気代」、「再生時の水道代」、「再生用の食塩代」が必要です。毎月のメンテナンス料等は一切不用です。
イオン交換樹脂は交換が必要になる場合がありますが、交換時期は水質や塩素量、使用水量によって違います。
  • 「電気代」
    電気は12Vアダプターを使用しています。再生時のバルブ動作時に1A以下の電気が流れますが、普段はLED表示のごくわずかな電気代だけです。

  • 「再生時の水道代」
    再生サイクルの時間設定及び水圧により変動いたしますが、概ね200リットル/回以上の水道水が必要です。

  • 「再生用の食塩代」
    食塩は1回の再生に約5Kgを消費します。使用する地域の硬度によって再生頻度が変わります。

    例えば、
     硬度50、1500リットル/1日 の場合
     再生は13日間隔になります。13日ごとに食塩約5Kgが必要です。

     硬度50、1000リットル/1日 の場合
     再生は19日間隔になります。19日ごとに食塩約5Kgが必要です。

    専用再生剤は5Kgで1000円ですが、スーパーで販売されている食塩も使用できますので、その場合は5Kgで約500円です。

全自動軟水機 ブラインタンク 食塩はこのタンクの中に予め入れておきます。
1回の再生には、約4〜7Kgの食塩を使用します。
水は再生時の最後の工程で設定した時間だけ自動的に注水されます。水位が範囲を超えて上昇するとフロートの働きにより自動的に注水が止まります。万一、フロートが働かなかった場合は、側面のドレンホースから排水されます。 

40タイプ 40Tタイプ
全自動軟水機 40タイプ接続図
コントロールユニット40タイプの接続サイズ
給水口・出水口
 1インチ
排水口
 3/4インチ、ホース内径13mm
塩水吸水口
 3/8インチ
全自動軟水機 40Tタイプ接続図
コントロールユニット40Tタイプの接続サイズ
給水口・出水口
 3/4インチ
排水口
 1/2インチ、ホース内径12〜14mm
塩水吸水口
 3/8インチ
 
設置
・全自動軟水機の一次側にバイパスやバルブ、逆止弁、減圧弁の設置をお勧めします。バイパスは全自動軟水機の故障時に、軟水機を通さずに水を確保できます。
・全自動軟水機の耐圧は0.8Mpaですので、これ以上の地域では必ず減圧弁を設置してください。
・寒冷地での配管は、凍結予防処置をしてください。
・直射日光や直接雨の当たる場所に設置する場合は、屋根等を設置してください。
・ACアダプターは屋内専用タイプです。全自動軟水機を屋外に設置する場合は、ACアダプターを屋外用露出BOXに入れてください。

全自動軟水機 本体サイズ
     全自動軟水機 設置スペース サイズ1     全自動軟水機 設置スペース サイズ2  
40タイプ 40Tタイプ new
全自動軟水機 コントローラー40タイプ 全自動軟水機 コントローラー40Tタイプ
   
     
全自動軟水機 設置スペース サイズ4  全自動軟水機 設置スペース サイズ5
軟水機左側面上部にドレンホースの取付口がありますので、軟水機左側面を壁面に接して設置する場合は3cmほど空ける必要があります。

     全自動軟水機 設置スペース 配管図
バイパス例 1.
全自動軟水機 バイパス例 1. 全自動軟水機 バイパス例 1. 詳細
あくまでも一例ですが、メンテナンスを行い易いようにナット付アダプターから上部配管が取り外せるように組んでみました。
写真の逆止弁付ボールバルブは、呼び20までのサイズしかありません。従って、呼び25(1インチ)の配管で行う場合は、一般のボールバルブと逆止弁を別々に設置してください。
逆止弁付ボールバルブ
サンエイ 品番V610V20
カクダイ 品番6531-20
ボールバルブ
サンエイ 品番V6101-20
カクダイ 品番6500-20
片ナット付アダプター
サンエイ 品番T84-20
カクダイ 品番6170-20X20
フルボアボールバルブとは、通常のボールバルブと比べて流体通過口径が広く、配管口径とほぼ同一の大きさのため圧力損失の少ない構造です。

バイパス例 2.
 全自動軟水機 バイパス例 2.

 
 屋外に設置する場合は、下記のような収納庫に格納する方法もあります。

 収納庫_1 収納庫_2

 こちらへ設置事例はこちらへ
 


仕  様 全自動軟水機 40タイプ 全自動軟水機 40Tタイプ
サイズ(奥行き*幅*高さ)mm 480*320*1140
イオン交換樹脂タンク材質 FRP
接続口径 給水・出水口
排水口
吸水口
1インチ
3/4インチ
3/8インチ
3/4インチ
1/2インチ
3/8インチ
電源 100V ACアダプター 60Hz専用 12VAC500mA 100V ACアダプター 50/60Hz共通 12VDC1A
重量 約46Kg
耐熱温度 43℃ 45℃
使用可能水圧 0.1〜0.8Mpa 0.15〜0.6Mpa
イオン交換樹脂名  ピュロライト C100E 
イオン交換樹脂量 約30リットル
軟水生産量 約24000リットル 硬度50の場合
再生周期 13日(参考値) 硬度50、1500リットル/1日 の場合
最大通水量 6000リットル/時間 2000リットル/時間
再生時間 約60〜120分
再生時食塩使用量 4〜7Kg/回
コントロールユニット生産国 アメリカ製 中国製



Product Data : PUROLITE C100E
Total Capacity (min.) Na+ 1.90 eq/l
Na+ 41.48 kGr/ft3
Moisture Retention Na+ 46-50 %
Mean Size Typical 0.60-0.85 mm
Uniformity Coefficient (max.) 1.70
Reversible Swelling (max.) Na+ → H+ 10 %
Ca2+ → Na+ 8 %
Specific Gravity 1.27 g/ml
Shipping Weight (approx.) 800-840 g/l
50-52.5 lbs/ft3
Temp Limit H+ 120 ℃
H+ 250 F
Na+ 140 ℃
Na+ 285 F
pH Limits 0-14



 パンフレット
  40タイプは こちらへこちら
  40Tタイプは こちらへこちら


 こちらへこちらからお求めできます。

こちらへ
ホーム
プリンタ出力用画面
前のページ
 手動再生型
コンテンツのトップ 次のページ
 全自動軟水機 ペキシオ
The Nansui Project BY POWEREDBY SOFTWAVE