• 軟水工房 » 軟水器の種類 » 浴室用 軟吉くん BOX
red1メインメニュー
red1

買い物カゴの中を見る
買い物カゴの中を見る


軟水工房
ソフトウェーブ 軟水工房
TEL 0721-63-3840
FAX 0721-63-9870


PayPal


  rapidssl_ssl_certificate
浴室用軟水器 軟吉くん BOX  

浴室用軟水器 軟吉くん BOX軟水器と再生用食塩タンクが一体となった浴室用軟水器です。
イオン交換樹脂量は、約5リットルです。
取付けは既存のシャワーホースをはずして、付属のステンレスホースに取り替えるだけの簡単設置です。女性の方でもスパナ1本で簡単に取り付けることができます。ステンレスシャワーホースも付属していますので、今あるシャワーヘッドを取り外して付け替えるだけです。
再生は効率の良い業務用と同じマニュアルコントローラーを採用している為、再生時の食塩水吸入も負圧により自動的に吸水され、各種操作もハンドルを回すだけの簡単操作、再生時間はなんと約15分です。
また、逆洗ができますのでフィルターの目詰まりを防止するとともに、再生時のイオン交換樹脂層を整えて再生効率をアップいたします。

左の写真は軟水出口側に高性能塩素除去フィルターを装備しています。
塩素除去フィルターの詳細は、 こちらへこちらへ。

こちらの商品は完売いたしました。

特徴
浴室用軟水器 軟吉くんBOX 本体はプラスチック製で、イオン交換樹脂が入っているFRP製タンクを内蔵しています。
軽くて丈夫で錆びや腐蝕の心配がなく、見た目はステンレスと違って暖かみがあります。
コントローラーも業務用で使用されているものと同一ですので、操作性に優れています。

浴室用軟水器 軟吉くんBOX 再生用食塩をこの中に入れます。
1回の再生に約400〜700グラムの食塩を使用します。もちろん市販の安価な食塩が使用できますのでとても経済的です。

Up-flow方式 再生方法は Up-flow方式 (上昇流方式)です。
軟水器の下部から食塩水が満たされていきますので全てのイオン交換樹脂にまんべんなく行き渡ります。また、逆洗ができますのでイオン交換樹脂を掻き混ぜたりする必要もなく、イオン交換樹脂層を自動的に整え効率の良い再生方法です。

浴室用軟水器 軟吉くんBOX コントローラー コントローラーのハンドルを回すことにより、食塩水吸水・順洗・逆洗を簡単に切替えることができます。
業務用で使用されている信頼性の高いコントローラーですので再生時間を極限まで短縮することが可能になりました。なんと再生時間は約15分です。

浴室用軟水器 軟吉くんBOX 塩素除去フィルター 高性能塩素除去フィルターを本体に装備することが可能です。
塩素除去フィルターは、軟水器の水の入口と出口のどちらに設置することも可能です。
軟水器の入口に設置すれば、塩素を取り除いた水がイオン交換樹脂に供給されますのでイオン交換樹脂の寿命を延ばします。但し、軟水器の中の水には塩素が入っていないため消毒効果はありませんので、水が腐りやすくなります。気になる方は軟水器の出口側に設置してください。しかし、イオン交換樹脂は痛みやすくなります。特にこだわらない場合は、軟水器の入口側への設置をお薦めいたします。

塩素除去フィルターの詳細は、 こちらへこちらへ。
出水側(出口)に設置した場合1 出水側(出口)に設置した場合2 給水側(入口)に設置した場合1 給水側(入口)に設置した場合2
出水側(出口)に設置した場合
給水側(入口)に設置した場合
イオン交換樹脂の寿命を延ばします。

 
設置方法
 1.
シャワーホースの根元の金具を外します1
シャワーホースの根元の金具を外します2
今お使いのシャワーホースの根元の金具を外します。
 2.
シャワーホースの根元に接続 付属のステンレスホースを取り外したところに接続します。
水栓側ホースネジの規格は標準的な呼び13の1/2ですので、お使いのシャワーホースによっては変換アダプターが必要になる場合がありますが、変換アダプターも付属していますのでほとんどのものに接続可能です。
 3.
軟水器本体に接続します 1 ステンレスホースのもう一方の先を軟水器本体に接続します。
 4.
軟水器本体に接続します 2 付属のシャワーヘッド用ステンレスホースを軟水器本体に接続します。
今お使いのシャワーヘッドをこのステンレスホースに接続してください。
 5.
接続完了です

以上で接続完了です。
再生の方法
 1.
浴室用軟水器 軟吉くんBOX 再生方法1 あらかじめブラインタンクに食塩を入れます。
食塩は初回約1Kg、次回からは約700gです。
コントローラーの操作でブラインタンクに水を入れるか、バケツ等で水を入れてください。再生までに自然に溶けていなければ、再生時に溶かしてください。最大約10リットルの食塩水を溜めることができます。
※食塩はにがり等の入っていない一番安いものを使用してください。
 2.
浴室用軟水器 軟吉くんBOX 再生方法2 排水ホースを接続します。
 3.
再生1(逆洗) 【逆洗】
食塩水を流して再生を行う前に、逆洗してイオン交換樹脂層を整えフィルター洗浄を行います。
コントローラーのハンドルを「逆洗【BACKWASH】」に合わせます。
軟水器に逆方向に水が流れ、フィルター洗浄を行い、イオン交換樹脂をほぐして樹脂層を整えます。逆洗の時間は約1分行ってください。

「逆洗を1分間行った時の水の使用量は、約15リットルです。」
 5.
再生2(食塩水吸水) 【再生 吸水&押出し】
コントローラーのハンドルを「再生【BRINE&SLOW R.】」に合わせます。
排水口から水が流れ、その時の負圧により食塩水を吸水し、その後その食塩水を押出します。これらの時間は水圧により変動しますが、約10分です。
再生方式は Up-flowタイプ で軟水器の下から食塩水が満たされていきますので、イオン交換樹脂層全体にまんべんなく行きわたります。

「食塩水を吸水する為に水を流しますが、その時の水の使用量は約18リットルです。」
 6.
再生3(逆洗・正洗) 【再生 すすぎ】
食塩水がなくなりましたら、コントローラーのハンドルを「逆洗【BACKWASH】」に合わせて約1分間すすぎをしてください。
その後、コントローラーのハンドルを「正洗【FAST RINSE】」に合わせて約1〜2分間すすぎをしてください。

「逆洗1分間、正洗1分間行った時の水の使用量は、合わせて約30リットルです。」
 7.
運転 すすぎが終りましたら、再生が完了です。コントローラーのハンドルを「運転【SERVICE】」に合わせます。
 
浴室用軟水器 軟吉くんBOX 仕様
サイズ(横*幅*高)mm 360*200*495
主要材質 FRP・イオン交換樹脂
接続口径 給水口・出水口 シャワーホース 呼び13 1/2G
排水口 内径10〜12ミリホース
重量 約8kg
使用温度 5〜45℃
使用可能水圧 0.15〜0.6Mpa
イオン交換樹脂名 Purolite C-100E※1
イオン交換樹脂量 約5リットル
軟水生産量 約6000リットル※2
最大軟水流量 15リットル/分※3
再生時食塩使用量 初回 1Kg/回、以後400g〜700g/回
再生方法 Up-flow方式
※1 ピュロライトC100Eは食品級高純度プレミアムグレードです。
※2 硬度40※4の水道水でイオン交換樹脂量からの計算値です。再生間隔は実測4000〜5500リットルです。
※3 硬度40の水道水で硬度0を確認しています。
※4 当方の硬度です。
※直接水のかからないところへの設置をお薦めいたします。もし、直接水のかかるところに設置する場合は、上部カバーの隙間から水が再生用食塩水タンクに入ってくるのを防ぐために軟水器の上にビニールを被せてください。
※使用するための条件があります。必ずこちらへこちらをご覧ください。
 
 完売しました。

こちらへホーム
プリンタ出力用画面
前のページ
 シャワーライン
コンテンツのトップ 次のページ
浴室用 軟吉くん
The Nansui Project BY POWEREDBY SOFTWAVE