• 軟水工房 » 軟水器の種類 » 塩素除去シャワーヘッド
red1メインメニュー
red1

買い物カゴの中を見る
買い物カゴの中を見る


軟水工房
ソフトウェーブ 軟水工房
TEL 0721-63-3840
FAX 0721-63-9870


PayPal


  rapidssl_ssl_certificate
塩素除去シャワーヘッド (光る+マッサージ+塩素除去) new

このシャワーヘッドはシャワー時の水流により発電し自動的に青く光ります。また、シャワーが拡散しないジェットシャワーですので強めに水を流すとマッサージとしても利用できます。更に水道水に含まれる塩素を高効率で除去いたします。

せっかく軟水器を設置しても、塩素は軟水器では除去できません。
そこで、もっとお肌に優しく、水道水中から塩素を効率良く除去できる浴室用のシャワーヘッド(塩素除去フィルター)をご用意しました。
設置は浴室内のシャワーヘッドと交換するだけです。
ろ過材は亜硫酸カルシウムを使用していますので、大量のシャワーでも瞬時に塩素を高効率で除去いたします。

塩素除去シャワーヘッド 塩素除去シャワーヘッド_使用イメージ
 「塩素除去シャワーヘッド」  

活性炭フィルター「塩素除去フィルター」 こちらへハウジングケースを使用した活性炭フィルター(塩素除去フィルター)もあります。
  【活性炭を使用】
「塩素とったろう」&「塩素なくしたろう」 こちらへ浴室用浄水器(塩素除去フィルター) 「塩素とったろう」 & 「塩素なくしたろう」 もあります。
  【活性炭を使用】

お求めはこちら    シャワーヘッドでないタイプの塩素除去フィルターもあります。こちらへ こちら

特徴
塩素除去シャワーヘッド 亜硫酸カルシウム
亜硫酸カルシウム
塩素除去には亜硫酸カルシウムを使用しています。
水道水には水道法により遊離残留塩素を0.1ppm以上保持することが義務付けられています。この遊離残留塩素は人体にも有害であり、特に有機物と結合してトリハロメタンという発がん性のある有害物質ができます。従来の浄水器システムの遊離残留塩素を活性炭のみで吸着するという方法では、むしろ活性炭上で遊離残留塩素と有機物が濃縮されトリハロメタン化反応の温床となる危険性が指摘されています。
一方、亜硫酸カルシウムでは、下記の化学反応で安全な塩素に変化させます。
亜硫酸カルシウムは、ヨーロッパなどでは食品添加物として、ワインやジュースなどの酸化防止や防腐剤として広く使用されています。

亜硫酸カルシウムの塩素除去メカニズム
1.NaClOあるいはCa(ClO)2によって導入された塩素は、溶液中でHClOあるいはClOとして存在する。(遊離残留塩素)
  NaClO → Na++ClO-
2.亜硫酸カルシウムを投入するとClOと中間体を形成し、本来難溶である亜硫酸カルシウムが水に溶解する。
  CaSO3 ・ 0.5H2O+ClO- → [ CaSO3 ・ 0.5H2O ・ ClO- ]
3.中間体のClOは還元されClイオンとなり、亜硫酸カルシウムは硫酸カルシウムとなる。
  [CaSO3 ・ 0.5H2O ・ ClO-] → [CaSO4 ・ 0.5H2O ・ Cl]
4.硫酸カルシウムの溶解度は中間体よりも小さいため過飽和状態となり析出する。
  [CaSO4 ・ 0.5H2O ・ Cl] → CaSO4 ・ 0.5H2O+Cl-
5.最終的には塩素量に見合っただけの亜硫酸カルシウムが消費されて硫酸カルシウムに変化する。また、硫酸カルシウムは亜硫酸カルシウムよりも溶解度が高いため、塩素処理反応が進めば進むほど全体の溶解度は高くなっていく。

 【反応式】
   CaSO3 ・ 0.5H2O+ClO- → CaSO4 ・ 0.5H2O+Cl-

反応式から、亜硫酸カルシウム1gで約0.4gの遊離残留塩素を処理できる計算となります。
例えば遊離残留塩素濃度が0.4ppmの水道水の場合は、亜硫酸カルシウム1gで約1000リットルを処理できることになります。このシャワーヘッド内には40gの亜硫酸カルシウムを内蔵していますので、40000リットルの塩素を除去できます。使用期間は、0.8ppmとして
 1日80リットル使用した場合は、約8ケ月
 1日100リットル使用した場合は、約6ケ月
 1日150リットル使用した場合は、約4ケ月
 1日200リットル使用した場合は、約3ケ月です。

浄水器でカートリッジを交換するタイプの場合は、中味の交換時期がわかりにくいため塩素除去能力がなくなっているにもかかわらずそのまま使用を続けるといったことがありますが、このタイプは亜硫酸カルシウムの減り具合が外から見えますので、半分ぐらいに減りましたら亜硫酸カルシウムを追加してください。(商品には補充用として亜硫酸カルシウム40gを別途付属しています。)これでいつでも高効率で塩素除去が可能です。

残留塩素測定試薬での測定結果 左の写真はSIBATA「残留塩素測定試薬」で残留塩素を測定した結果です。

左側のピンク色は、元の水道水を測定したものです。
右側の無色透明は、このシャワーヘッドからの水を測定したものです。無色透明は塩素がなくなっていることを意味します。

塩素除去シャワーヘッド 光る 青く光るシャワーヘッド
電池や電源は必要ありません。本体に内蔵された発電機により、シャワー使用時に発電されLEDが青く光ります。

塩素除去シャワーヘッド マッサージ シャワーヘッドはジェットシャワータイプです。
上の写真のように勢いよく水が出ます。最大約14リットル/分(0.5Mpa時)で勢いが強く痛いぐらいです。約10リットル/分でほどよい勢いになりますので、通常のシャワーへッドに比べて節水効果もあります。
但し、水圧の低いところ(マンション、電気温水器や太陽熱ヒーターの設置等)では、水量が落ちる場合があります。

塩素除去シャワーヘッド 接続サイズは、G1/2サイズです。
TOTO、INAX、SAN-EI、MYM、KAKUDAI製のシャワーホースをお使いでしたら、そのまま接続できます。
MYM-大口径(W23山14)、KVK(M22×2)、ガスター(M22×1.5)製のシャワーホースの場合は、付属のアダプターを使用すれば接続できます。
ミズタニ、リンナイ、ノーリツ製のシャワーホース(M23×1.5)には、シャワーヘッドアダプターSAN-EI品番PT250-9で接続できます。

硬度測定結果 亜硫酸カルシウムで硬度が上昇?
軟水器を使っている方が一番気になることは、亜硫酸カルシウムを使って塩素を除去するのは良いとして、溶けだしたカルシウム分が硬度を押し上げて折角の軟水が軟水でなくなるという心配があると思います。確かにごく微量のカルシウム分が溶け出すことになりますが、それは非常にごくわずかな量で硬度を押し上げるまでには及びません。
左の写真はこちらへ硬度試薬で測定した結果です。右側はこのシャワーヘッドから出た水を測定したものです。左側はこのシャワーヘッドを通さずに軟水器だけの水を測定したものです。
硬度試薬は2ppm以上で赤色になりますが、どちらの水も青色ですので、硬度2ppm以下を表しています。


 
 
塩素除去シャワーヘッド 仕様
サイズ(直径*長さ)mm 32*226
主要材質 黄銅、ABS樹脂・ポリアセタール、NBR、亜硫酸カルシウム
接続口径 G1/2(オス)
重量 170g+40g(亜硫酸カルシウム)
使用温度 4〜45℃
使用可能水圧 0.15〜0.5Mpa※1
LED数 4個
LED色
塩素除去能力 40000リットル※2
※1 水圧の低いところ(マンション、電気温水器や太陽熱ヒーターの設置等)では、水量が落ちる場合があります。
※2 遊離残留塩素濃度が0.4ppm時、水質により変動いたします。
 
 こちらへこちらからお求めできます。

こちらへホーム
プリンタ出力用画面
前のページ
浴室用浄水器(塩素除去フィルター)
コンテンツのトップ 次のページ
軟水器用途別一覧表
The Nansui Project BY POWEREDBY SOFTWAVE