• 軟水工房 » 軟水器の種類 »  ソフナー4000 HIタイプ
red1メインメニュー
red1

買い物カゴの中を見る
買い物カゴの中を見る


軟水工房
ソフトウェーブ 軟水工房
TEL 0721-63-3840
FAX 0721-63-9870


PayPal


  rapidssl_ssl_certificate
軟水器 ソフナー4000 HIタイプ

レバー操作一つで再生を簡単に行えるタイプです。
イオン交換樹脂(オルガノ アンバーライトIR-120B)を4リットル使用していますので、硬度50の水道水の場合、約6000リットルの軟水を作れます。

こちらの商品は完売いたしました。

軟水器 ソフナー4000 HIタイプ
軟水器 ソフナー4000 HIタイプ 軟水器 ソフナー4000 HIタイプ 軟水器 ソフナー4000 HIタイプ


活性炭カートリッジ内蔵
活性炭カートリッジ内蔵

活性炭カートリッジを内蔵していますので、塩素を除去することができます。
カートリッジの容量は、約180ccで、ネットに入った活性炭が150cc付属しています。
この付属活性炭の交換の目安は、約1ケ月です。
安全弁内蔵
安全弁

安全弁を内蔵していますので水圧が上がった場合等、タンクを保護します。
安全弁の作動圧は4Kg/cm2ですので、水圧の高い場所でのストップ弁付シャワーヘッドのご使用や止水はしないで下さい。
設置方法
 1.
軟水器 ソフナー4000 HIタイプ 設置方法1
軟水器 ソフナー4000 HIタイプ 設置方法2
今お使いのシャワーホースのヘッドを外します。
 2.
軟水器 ソフナー4000 HIタイプ 設置方法3 はずしたシャワーホースを切替コックに接続します。
お使いのシャワーホースによっては、付属のアダプターが必要になる場合があります。
 3.
軟水器 ソフナー4000 HIタイプ 設置方法4
軟水器 ソフナー4000 HIタイプ 設置方法4_1
付属のホースにシャワーヘッドを取り付けます。
 4.
軟水器 ソフナー4000 HIタイプ 設置方法4

ホースのもう一方の方を軟水器本体に接続します。
再生方法
ご用意するもの
 底を切った2リットルのペットボトル容器 1本
 空の2リットルのペットボトル容器 2本
 食塩800グラム(再生用食塩はにがり等の入っていない一番安いもの「塩事業センター製」を使用してください。)

準備
 空のペットボトル2本に水道水を入れて、食塩を400グラムずつ入れて溶かしておきます。
 (合計で水道水4Lに食塩800グラム)
 1.
ソフナー4000 HIタイプ 再生方法1
ペットボトルホルダーを切替コックに取付けます。
ペットボトルホルダーに底を切り取ったペットボトルを取付けます。
 2.
ソフナー4000 HIタイプ 再生方法2
シャワーヘッドを外しホースの先を低い位置に置きます。
 3.
ソフナー4000 HIタイプ 再生方法3
先ほど作った食塩水をペットボトルに注ぎます。
 4.
ソフナー4000 HIタイプ 再生方法4
青いレバーを垂直にして食塩水を流して下さい。
シャワーホースの先から食塩水が流れます。
 5.
ソフナー4000 HIタイプ 再生方法5
食塩水が少なくなりましたら、残りを継ぎ足してください。
 6.
ソフナー4000 HIタイプ 再生方法6

終了しましたら、青いレバーを水平に戻し、ペットボトルホルダーを外して20分ほど 放置した後、水道水のみを2分程流して、出てくる水が塩っぽくなくなったら完了です。
放置している間に本体を寝かせる等してイオン交換樹脂を移動させる事によりリフレッシュに効果があります。
仕様
仕  様 ソフナー4000 HIタイプ
サイズ(直径*高さ)mm※1 140*490
主要材質 ポリエチレン・ポリプロピレン
シャワー接続口径 13 1/2
安全弁作動圧 4kgf/cm2
耐熱温度 60℃
イオン交換樹脂名 オルガノ アンバーライトIR-120B Na
イオン交換樹脂量 4000cc
軟水生産量※2 約6000リットル
軟水流量※3 8リットル/分
活性炭カートリッジ容量 180cc
付属活性炭量 150cc
再生時食塩使用量 800グラム/回
※1 高さは軟水器本体のシャワーホースを接続するネジ部分までです。
※2 硬度50の水道水で1回あたりの再生で生産される量です。 食塩で再生を行うことによって数100サイクルから1000サイクル以上再生できます。
※3 当方の計測において、硬度55の水道水を流量8リットル/分で硬度0の軟水ができるのを確認しています。


 完売しました。

こちらへホーム
プリンタ出力用画面
前のページ
ソフナー4000シリーズ
コンテンツのトップ 次のページ
 ソフナー4000 NYタイプ
The Nansui Project BY POWEREDBY SOFTWAVE